歯科だんらび梅田院

予約・相談

ホワイトニング

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは薬剤を用いて歯を白くする処置のことです。

歯の表面の着色や汚れはクリーニングで落ちますが、歯の内面まで変色している場合は表面のクリーニングでは落ちないので、薬剤を使って漂白する必要があります。

ホワイトニングの落とし穴

「歯がしみる可能性があります」

「ホワイトニング後は色がつく食品(カレー・紅茶・コーヒーなど)は控えてください。」

今までに言われたことありませんか?

人体のどこにでもある安全な物質、ポリリン酸は、歯の漂白剤「過酸化水素」の効果を高めるため、過酸化水素を低濃度に使用し、刺激少なく歯を白く出来ます。

  • 痛みにくい・しみにくい

    ポリリン酸が歯の表面をコーティングすることで、痛みにくいです。しみていたのが治ることもあります。

  • すぐに食事ができる

    ポリリン酸が歯の表面をコーティングすることにより、着色しにくい状態に歯を保つことが出来ます。

  • すぐに食事ができる

    歯の表面のコーティングにより、汚れがつきにくく、すぐに食事が出来ます。

  • 自然な白さ

    つやのある自然な白さで、舌触り滑らかな歯になります。

歯磨き粉

有害物質を含まない歯磨き粉を置いています。

健康への危険性があると言われているトリクロサンやラウリル硫酸ナトリウム不使用。

ポリリン酸ホワイトニングをすると、歯の表面はポリリン酸によるコーティングがされるため、虫歯になりにくい、汚れが付きにくい状態になります。

コーティングされた状態と白さを保つため、ポリリン酸使用のジェルで歯磨きを行えるように、歯磨き剤を用意しています。

また、研磨剤が使われていないため、歯の表面を削らずに歯磨きが出来ます。